骨折やスポーツ障害のプロになりたい!柔道整復学科 3つの特長

ホーム > 3学科紹介 > 柔道整復学科 3つの特長

柔道整復学科 3つの特長

身体の構造を熟知した上で、評価・施術のできる柔道整復師を目指します。

  • ・ただ、施術を行うのではなく、人体の構造・機能を徹底的に理解し、患者さんに優しく説明できる知識を持った医療人を育てます。
  • ・医療に従事する者として必要な「思いやりの心」も育て、医療人に必要な素養を身につけます。

資格取得のための充実したサポート!
高度な知識と技術を無理なく習得します。

  • ・通常授業から、国家試験を視野に入れ、高度な知識と技術を段階的に習得できる教育システムを確立しています。
  • ・学習習慣を身に付け、考える力を養い、自ら問題を解決できる方法を3年間にわたる体系的なカリキュラムから学びます。

臨床経験豊富な柔道整復師による直接指導!
多くの臨床実習を体験し、実践力を養います。

  • ・臨床経験豊富な柔道整復師から直接指導が受けられ、医療の現場を肌で感じ、「やりがい」や「楽しさ」を知るだけでなく、卒業後を見据えた高い技術を身に付けることができます。
  • ・附属接骨院での臨床実習、スポーツ大会における救護活動への参加を通して、教科書だけでは学ぶことのできない「評価・対処法」を学びます。

学科長VOICE


柔道整復学科 学科長
田口 祐一

より多くの人々に「幸せ」を届けたい!

患者さん一人ひとりの体への想いに真剣に向かい合い、問題解決と目標達成をサポートSupportすることが、柔道整復師に求められている社会的役割です。この数十年の間にHealth care(保健医療)& Wellness(健康)施設は充実してきました。次に必要とされているのは、その施設の中で患者さんをサポートできる「人材」です。その人材を「教育」し、より多くの人々に「幸せ」を届けたい!柔道整復学科では、そんな想いを込めて指導にあたっております。白寿医療学院で学び、体に関する専門家である柔道整復師となり、患者さんの良きサポーターSupporter(支援者)となっていただければと思います。我々は、そんな皆さんを全力でサポートSupportいたします。

このページのトップへ