骨折やスポーツ障害のプロになりたい!柔道整復学科 3つの特長

ホーム > 3学科紹介 > 柔道整復学科 3つの特長

柔道整復師になるまで

1年次

医学人としての素養を身につける/基礎医学を学ぶ

法学などの一般教養、解剖学、生理学などの基礎医学を学ぶことで、柔道整復師としての基礎を築きます。

  • 基礎柔道整復学

  • 柔道整復セミナー

やる気を伸ばし医療人としての教養、態度、考え方を養います。医療の言葉は初めて聞くものが多く、最初は戸惑うこともあるでしょう。でもそこで立ちどまらないでクラスメイトや教員に相談してみましよう。きっと解決するヒントが得られるはずです。疑問に思っていたことも理解できてしまえばなんてことないことだったことに気づき、理解することが楽しくなってきます。自分が理解できたら周りの困っている人を助けてあげましょう。人に説明できて初めて本当に理解したことになります。そして1つ理解できると別の分からなかったことも理解できるようになってきます。そうやって1つ1つ理解していく楽しさを体験しながら進みましょう。頑張った分だけ分かることが増えていきます。

柔道整復学科 専任教員
幸野 昇

1年次に学ぶ主なカリキュラム

  • 解剖学
  • 生理学
  • 公衆衛生学
  • 基礎柔道整復学
  • 柔道整復固定学
  • 心理学
  • 法学など一般教養科目

1年次の時間割(例)

曜日1時限 9:00 ~ 10:302時限 10:40 ~ 12:103時限 13:00 ~ 14:304時限 14:10 ~ 16:10
 基礎柔道整復学Ⅳ法学解剖学Ⅰ
 生理学Ⅰ基礎柔道整復学Ⅰ保健体育(実技)
 柔道整復セミナーⅠ基礎柔道整復学Ⅱ 
 衛生学・公衆衛生学柔道整復セミナーⅡ 
英語・医学英語1、2年生合同授業(特別授業)栄養学 
 柔道整復セミナーⅢ基礎柔道整復学Ⅲ 

2年次

応用力を高める

柔道整復学および臨床医学を学び、実践的な知識・技術・臨書現場対応力を修得します。

臨床実習

1年生で学んだ身体の構造・機能をもとに病理学、一般臨床医学など、専門的な分野へ学習が進みます。柔道整復学においても、それまでの「骨や関節や筋がどういう働きをしているのか。」という基礎をもとに、「どういう力が加わって損傷をしてしまうのか。」「それはどのような状態で、どういう症状が生ずるのか。」など、各関節や骨ごとの損傷をより具体的に学んでいきます。また、付属接骨院での臨床実習を通じて、実際に患者さんと接する経験、勉強してきた内容に直に触れる経験から、「柔道整復師に求められているものが何であるのか。」「大変な勉強をする理由はどこにあるのか。」を改めて感じ、より具体的な目標を設定していきましょう。

柔道整復学科 専任教員
室伏 弘紀

2年次に学ぶ主なカリキュラム

  • 臨床柔道整復学
  • 柔道整復実技
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • リハビリテーション医学
  • 運動学
  • 臨床実習など

2年次の時間割(例)

曜日1時限 9:00 ~ 10:302時限 10:40 ~ 12:103時限 13:00 ~ 14:304時限 14:10 ~ 16:10
柔道整復実技Ⅰ臨床柔道整復学Ⅱ  
 生理学Ⅱ疾病と障害論Ⅱ臨床実習
柔道整復実技Ⅱ柔道整復実技Ⅴ臨床実習臨床実習
  疾病と障害論Ⅰ解剖学Ⅱ
 1、2年生合同授業(特別授業)基礎柔道整復学Ⅳ柔道Ⅱ
 臨床柔道整復学Ⅰ柔道整復実技Ⅲ柔道整復実技Ⅳ

3年次

総合力を身につける

3年生になると国家試験に向けた様々な取り組みがスタートします。
合格のための3つのポイント!!
ポイント1― 講義形式の対策授業で基礎固め
1、2年生で学んだ基礎を復習し不得意科目を見つけ、弱点を補強し苦手意識を克服します。
ポイント2 ― 模擬試験で実力アップ
基礎知識がどのくらい身に付いているのかを学生と共に教員も理解し合格までの学習プログラムを作成していきます。
ポイント3 ― 悩みを解決!! 個別相談
現在の到達状況を確認するために個別相談を実施し学習の姿勢や生活の改善について話し合います。また、保護者様へも試験に関する書状を送付し学習状況の共有化をしていきます。
国家試験合格のために何が必要かを徹底的に考えることで、積極的に学ぶ姿勢や自らの課題を解決できる能力、応用力を育てます。

柔道整復学科 教務主任
丹尾 英基

3年次に学ぶ主なカリキュラム

  • 臨床柔道整復学
  • 柔道整復実技
  • 病理学
  • リハビリテーション医学
  • 運動学
  • 一般臨床医学
  • 外科学
  • 整形外科学

3年次の時間割(例)

曜日1時限 9:00 ~ 10:302時限 10:40 ~ 12:103時限 13:00 ~ 14:304時限 14:40 ~ 16:10
  運動学 柔道整復セミナーⅣ 柔道整復セミナーⅤ
臨床柔道整復学Ⅳ 臨床柔道整復学Ⅵ 柔道整復実技Ⅵ 臨床柔道整復学Ⅲ
柔道整復セミナーⅧ 柔道整復セミナーⅧ 柔道整復セミナーⅦ 基礎柔道整復学Ⅴ
疾病と障害論Ⅲ 柔道Ⅲ 臨床柔道整復学Ⅶ  
  解剖学 柔道整復スポーツ医学 臨床柔道整復学Ⅸ
柔道整復セミナーⅧ 柔道整復セミナーⅧ 柔道整復セミナーⅥ 臨床柔道整復学Ⅴ

卒業

国家試験受験資格取得

国家試験

「柔道整復師」免許取得

このページのトップへ