学校案内

ホーム > 学校案内 > 学院長挨拶

学院長挨拶

白寿医療学院 学院長 南風原 英之

白寿医療学院 学院長
栗原 裕康

【プロフィール】

慶應義塾大学経済学部卒業。
静岡県議会議員、衆議院議員、
静岡県沼津市市長として教育行政に携わる。

【経歴】

1980年
衆議院議員 栗原 祐幸 秘書
1991年
静岡県議会議員
1993年
衆議院議員
2008年
静岡県沼津市長

白寿医療学院はユネスコの世界文化遺産に登録された韮山反射炉のある伊豆の国市にキャンパスを構え本年で14年目を迎えました。

この間、豊な自然に恵まれ勉学に最適な環境の下、多くのコメディカル医療人を養成し病院を始め、スポーツ、介護、リハビリ、美容等、多岐にわたる分野に卒業生を社会人として送り出し、その就職実績は地元を中心に100%を誇っています。

本学院の目的はズバリ卒業生全員の国家試験合格です。本人にやる気さえあれば、何としても合格させるをモットーに他校と比べ充実した教育設備を生かし、個人指導も含めた万全のバックアップ体制を教職員一丸となって整えております。

さて、科学技術わけても人工知能の進歩によりこれから数十年で世の職業は劇的に変化するでしょう。
今まで成り立ってきた職業が消滅することも多いかもしれません。しかし、人間が存在する限り、医療に関する仕事は続きます。

高齢化がますます進行するなか、この地域で育った子供たちが同じこの地域で社会人として充実した人生が送れるよう我々は全力でサポートします。

このページのトップへ