学校案内

ホーム > 学校案内 > 講師紹介

講師紹介

理学療法学科

  • 学科長

    熊野 貴紀

    人がイメージできることは必ず実現できると言われています。今、理学療法士になりたいと思ったあなた。さあ行動を起こす時!未来はすでに始まった。

  • 教務主任

    中村 一直

    理学療法士には、幅広い知識を持った感性豊かな人間性、人間性への深い洞察力、論理的思考力、コミュニケーション能力、自己問題解決能力などを持つことが求められる。本学院では4年間のカリキュラムでしっかりとした医療人を育てます。

  • 専任教員

    嵩井 明子

    いつも最初の気持ちを忘れずに、理想の自分に近づいていって下さい。

  • 専任教員

    河野 隆志

    理学療法士の活躍の場は、多種多様でとても素晴らしい仕事です。人と接することが好きで、誰かの役に立ちたいと思っている『あなた』、一緒に理学療法士を目指しましょう。

  • 専任教員

    佐々木 和輝

    理学療法士は多くの人と関わり、その方の生活をサポートできるやりがいのある仕事です。困っている人を支えられる人になれるよう、一緒に頑張っていきましょう!

  • 教務部長

    山田 信治

    “理学療法士”夢へチヤレンジしよう。私たち理学療法学科教員一同は、患者様に寄り添う臨床家“理学療法士”を育てるために全力投球しています。

柔道整復学科

  • 学科長

    田口 祐一

    柔道整復師として働くうえで一番うれしいのは、患者さんの笑顔を見たときです。たくさんの笑顔を見ることの出来るこんな素敵な仕事は他にはありません。

  • 教務主任

    丹尾 英基

    将来の夢と目標をしっかりと持ち、勉強も遊びも全力で楽しみ、患者さんの目線になって接することのできる医療人を一緒に目指しましょう。

  • 専任教員

    小山 健

    みなさんが柔道整復師になれるよう「何故そうなるのか?」が解かる事をモットーに熱く情熱あふれる授業を行っています。

  • 専任教員

    樽本 悦郎

    柔道整復師という仕事は未知なる可能性が秘められています。その可能性に向かって、医療人としての第一歩を踏み出してはみませんか!

  • 専任教員

    幸野 昇

    何事もうまくできないときより、うまくできるようなったときの方がずっと楽しいものです。柔道整復師になるための勉強の楽しさ、柔道整復師として働く楽しさ、分かるまで一緒にがんばりましょう。

  • 専任教員

    室伏 弘紀

    柔道整復は生涯をかけて追求していける分野です。みなさんと共に学んでいけることを楽しみにしています。

鍼灸学科

  • 学科長

    足立 隆彦

    はり師・きゅう師として、あるいは東洋医学の専門家として、アスリートをサポートしたい、美容に関わりたい、高齢化社会の健康に貢献したい、独立開業したい等々、この道に興味を持つ人の理由や年齢は千差万別です。大事なのは目指したいと思う強い気持ちとトライするタイミング。失敗を省りみる広い心と、一歩一歩前進する勇気をもって成長していきましょう。「はり・きゅう」という伝統医学の伝承者として。

  • 教務主任

    奥 達也

    鍼灸学、東洋医学には、まだまだ知りえない無限の可能性が秘められており今まさに発展を続けています。本校で学ぶ学生には学ぶことの大切さや楽しさを知り、更なる鍼灸学の発展を促しましょう。

  • 専任教員

    高木 敏和

    本学院での教育は単なる職業教育から一歩進めて、高い教養を備えた高度な専門家として、社会の要求に応じられるよう最善の努力をしなければなりません。もちろん、卒業時には専門的知識や能力を問う国家試験に合格するのに充分な実力を養成していただきたいと考えます。

  • 専任教員

    城田 健吾

    鍼灸は病院、スポーツ、美容など活躍できる場が多くあります。困っている人に何か手助けがしたいと思っている「あなた」、鍼灸師は理想の職業です。我々と共に学びましょう!!

  • 専任教員

    岸本 優介

    鍼灸の良さは、副作用が極めて少ない治療でありながら、多様な症状や健康増進など適応範囲が広いことにあると思います。また、私自身が大学、大学院と長く学生生活をしていたので、学生の皆さんが勉強する中で、どこでつまづき、何で悩んでいるのかを共有することができ、それに対して乗り越えていく方法を伝えることができます。鍼灸に「興味がある」、「新しい事にチャレンジしてみたい」、「医療人を目指したい」という方は、私たちと一緒に鍼灸師を目指しましょう。

このページのトップへ